« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月 6日 (月)

ヤサガタハダカカメガイ

I8645

本日のご紹介は…ヤサガタハダカカメガイ!!

流氷の天使クリオネ・リマキナの親戚筋にあたります。

ヤサガタ君は流氷の海とは縁遠い、水温15度前後

の青海島の海で元気一杯。

リマキナが天使と呼ばれるのに対して、こちらは…

「巻き損ないの生春巻き」といった感じですが、珍しい

生き物であることに変わりは有りません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 5日 (日)

赤潮

I8582_2

浮遊系の生物を求め、青海島船越の沖合水中を

漂っていると…やって来ました、有り難くない奴ら。

それは赤潮。

水中はマリンスノウで透視度1m以下。

生物さがし処ではなくなり、無念の思いで海から

上がりました。

I1188

遊歩道から見下ろすと、見事な赤潮カーペット、

むしろ綺麗と云いたくなるほど。

夜半には風向きが変わり、綺麗な海が戻って

きたようです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 4日 (土)

ゾウクラゲ

I8573

今、私が一番注目している生物。

ゾウクラゲの仲間たち。これは…ハダカゾウクラゲ・・・

でしょうか??

まだ勉強不足で正しい名前さえ分からない。

昨年、ここ青海島で出遭い、魅せられました。

この個体は、小ぶりで、全長15センチほど。

透明な体、ゴマ粒のような両眼、派手に目立つ肝臓、

像の鼻のような口…、どれ一つとっても不思議が

いっぱい詰まっている生き物だ。

こんな生き物が目の前でクネクネクネクネ踊っている

ところに出会える水中世界。

死ぬまで止められないね、面白過ぎ!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 3日 (金)

キアンコウ幼魚

I1778

昨年のブートキャンプで心残りの一つ、キアンコウの幼魚。

超ワイドレンズでファインダーも見ずに大接近撮影を試みたところ…無残な結果に。

広々とした海底の絵柄にピントのないガキの青ッパナのような物体が沢山映っていた…アァ思い出すのも辛い。

何処かの国の安倍ソーリも言うように再チャレンジの機会が巡ってきた!!

今年の青海島、例年にないキアンコウ幼魚の当たり年。

最初は興奮して撮り捲っていたが、ものには限度ってものがある…。

もうキアンコウ幼魚を見てもシャッター押さない宣言。

一番気に入っているキアンコウ幼魚のメンチ切りを見せしよう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年5月 2日 (木)

第一目標達成

8424i

やりました!やりました!

今回のブートキャンプの第一目標にしていたアオイガイ

のフルカバード姿、撮影できました。

アオイガイやフネダコの仲間は沿岸で見つける時は弱って

いて、貝殻をむき出しのまま泳いでいることが殆ど。

今回青海島で撮影したアオイガイは500円玉ほどの小さな

個体であったが元気一杯。

腕の被膜で貝殻を覆い、滑るように水中を泳いだ。

念願のフルカバードアルゴノータスを撮影でき、若返りました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »