« ハロッズ | トップページ | ロンドンの休日 »

2013年3月29日 (金)

写真審査

02907

ロンドンの英国自然史博物館で行われた

ワイルドライフ・フォトグラファー・オブ・ザ・

イヤー2013の第二次審査が終わった。

今回、私が審査員として招聘されたのは第二次審査。

今年1月に行われた第一次審査で

約四万数千点近くの応募作品を約一万五千点まで、

他の審査員が整理した。

02914

02918

その作品群を再び審査するのが、

座長のアメリカ人写真家のジム・ブランデンバーグ他、

ブラジル人写真家ルチアーノ・キャンディサニ、

ドイツ人写真家インゴ・アルト、

ロシア人写真家イゴール・シュピレノク、

BBCワイルドライフ・マガジン・アートエディター・

リチャード・エクレストンと私・中村宏治の6人。

3日間で一万五千点の写真を見、評価するのは、

大変な作業だった。

目が疲れ、ホテルに戻っても、コンピューターを

開く気力がわかず、またまたブログが後追いになった。

それでも、この3日間、膨大な数の生物写真、

自然環境写真に出合う事が出来たのは、

私にとって貴重な収穫だ。

写真は私見、世界中の人々の自然に対する様々な考え

に触れ、自分の水中写真家としての40数年が、キチンと

一本の道を成している事を感じた。

写真審査は5月に第三次審査、最終発表は今年の10月だそうだ。

まだまだ先の事だ。

それにしても、あークタビレタ!

|

« ハロッズ | トップページ | ロンドンの休日 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/57071805

この記事へのトラックバック一覧です: 写真審査:

« ハロッズ | トップページ | ロンドンの休日 »