« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 後編 | トップページ | キアンコウ幼魚 »

2012年3月 8日 (木)

「日本百の海物語」第二弾 中国・九州お出かけ・グランデ その1

2248

2012年1月13日10時過ぎ、出撃準備完了。

今回の旅のスタッフは妻(美由紀)と愛犬(ミューズ)

の他、我が社(日本水中映像)のイケメンスタッフ

・坂田君の総勢4名である。

静かに、伊豆の家を出発する。

目的地は山口県青海島及び九州地方各地の海だ。

丁度エンジンオイルの交換距離に近づいていた為、

沼津のデリバリーガレージでオイル交換をしてもらう。

Dsc01424

今回の旅の予想走行距離は5000キロ程。

旅を終え、帰り道に再びここでオイル交換をする

ことになりそうだ。

Dsc01418

1月半ばの寒空とはいえ、晴れ渡った空の向

こうに頂上付近の雪を殆ど溶かせた黒い富士山

が聳えていた。

沼津インターから東名高速に乗り、一路山口県

の青海島を目指す。

青海島のダイビングサービス・シーアゲインの

笹川君からクサウオが産卵に来ているとの連絡

を貰い、今回の旅の一番目の目的地に加えた。

その距離約1000キロ。

途中浜名湖SAで休憩をとり、伊勢湾岸道・刈谷

ハイウェイオアシス車中泊となった。

刈谷HOでは、毎度おなじみの天然温泉「カキツバタ」

のお風呂に入り、アッタカ熟睡。

14日は朝9時ごろ出発、新名神で草津経由、

名神高速、中国自動車道、山陽自動車道を走り

兵庫県三木SAで車中泊2日目。

3月15日、吉備SA、宮島SAを経て、美祢ICで

高速を降り、青海島に向かう途中の道の駅「おふく」

に車中泊。

付属の温泉でユックリ温まる。

Dsc01606

16日は朝9時半ごろに青海島の駐車場に到着。

結局、目的地に着くまで3日以上もかかって

しまった事になるが、キャンピングカー取材の

良いところは道中でユックリ休める事。

撮影現場に着いた時、元気イッパイの状態で

いれる。

山口市からやって来たダイビングサービス・

シーアゲインの笹川君と合流。

笹川君、映画俳優のニコラス・ケイジに

ちょっと似ているため、我々の仲間内で

ニコラス・笹川と呼ばれる苦み走った

イケメン男である。

Dsc01603

早速ウエットスーツに着替え、クサウオが産卵に

来ている紫津浦に潜る。

1113

水深20数メートルの海底に沈んだ網の周囲に

3~4匹のクサウオがいた。

殆どが網に産みつけられた卵塊を守っている。

特に元気のいい「カタメ君」の傍によると

「何だよーゥ、おまえ!」といった感じで威嚇してくる。

2322

クサウオはその容貌がムーミンパパの様な為、

怖くない事おびただしい!むしろ可愛い。

でも、雄クサウオの「怖カワイイ」表情を見る事が

出来ただけで、遠路はるばる来た甲斐があったと

言うものだ。

3年ほど前、BS番組の取材で、ここのクサウオの

卵塊保護行動を撮影した。

その時、熱心に産み付けられた卵塊を守っていた

雄が、ある日コロッと死んでしまった。

今回頑張っている雄たちも、やがて力尽き、卵塊を

残して死んでしまうのだろうか。

今回は旅のスケジュールの関係で長居が出来ない

のが心残りだ。

でも、翌日17日も含め2日間の青海島ダイビング、

1050

1052

クサウオの卵孵化や、日本海でよく見かけられる

1074

2844

アオハタ、小さなウミノミの付いたカミクラゲ等々、

楽しい出会いがいっぱいあったよ。

|

« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 後編 | トップページ | キアンコウ幼魚 »

コメント

「片目君」、宏治さんとツーショットを撮らせて頂いたのが私の見た最後の姿になりました。
私にとっては2大スターの競演!もっと上手く撮れなかったのが悔しいですが、最高の思い出になりました。
「ありがとうございました」
でも、妖怪片目君の上手を行くクサウオが居たんですよ。クサウオワールド恐るべしです。
また、来年シーズンもクサウオと宏治さん、現れるの楽しみにしています。

投稿: 片目ゾッコン | 2012年3月10日 (土) 19時29分

お元気そうでなによりです^^
ムーミンパパは中村師匠に
ちょっと似てますねww

親近感ですかねw
しかし・・・隣町
お会いしたかったw
サインくださいw

投稿: しんたろう | 2012年3月13日 (火) 22時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/54167166

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本百の海物語」第二弾 中国・九州お出かけ・グランデ その1:

« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 後編 | トップページ | キアンコウ幼魚 »