« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 前篇 | トップページ | 「日本百の海物語」第二弾 中国・九州お出かけ・グランデ その1 »

2012年1月13日 (金)

「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 後編

I2136_2

夕刻、白崎海洋公園のダイビングを終え、40kmほど南下。
和歌山県みなべ町に到着。
ダイビングサービス「サンマリン」の店前にハイマーを停める。

Dsc01217

みなべの海では、深海の花・オオカワリギンチャクを見るのが第一目標。「サンマリン」のボス、酒井さんに連絡を取り、海の状況などを聞く。

オオカワリギンチャクは美しいレモンイエローの蛍光色をもつイソギンチャクの仲間。大きさは7~10cmほど。

I2137

通常は水深100m程の海底に群生するが、みなべでは何故か水深40mの海底に花開いている。

翌朝、酒井さんにダイビングガイドの李さんを紹介してもらい、早速ボートダイビングに出発。

Dsc01215

李さんは海の生物知識も豊富で、なかなか頼りになる若者。

ショップから車で数分の堺漁港から漁船で10数分沖合に走り、アンカーを打つ。
そこは海のど真ん中、海面に露頭しない岩礁(シーマウンテン)に潜る。岩礁の急傾斜に沿い、潜っていくと斜面に大きな岩が見えてきた。

不思議なことに、その岩の上を中心にオオカワリギンチャクが群生している。

I0559

周囲を見渡しても、そこだけにしか見かけることができない。

水深40mの薄暗い海底にパッとレモンイエローの花が咲き乱れる様は美しいだけでなく神秘的。ただし、水深が深いので長居は禁物。

そうそう、李さんが全長2cmほどの小さな個体も見せてくれた。どうやら繁殖期にはオオカワリギンチャクの口の部分から小さな子供を吐き出して子孫を増やすらしい。

見てみたいねー。

I0570

手早く撮影を済まし、水深10m前後のアンカー近くに戻る。

I2139

減圧を兼ね、岩礁に棲む魚たちの撮影をしていると、比較的珍しいアカネキンチャクダイを見つける。
この魚はキンチャクダイとキヘリキンチャクダイの交雑種。

I657

いわば他種間にできた不義の子・ラブチャイルド。

その他、巣穴から顔をのぞかせているタテガミカエルウオを見かけました。
そして、そのタテガミカエルウオの横からコガシラベラの子供が泳ぎ出てきた。

I0639

タテガミカエルウオは草食なので小魚が怖がらずに接近できるみたいだね。
なめられたもんだ!
フリソデエビも好物のヒトデをムシャムシャと毟り食い。

I0652

黒潮が運んできた熱帯の息吹が感じられる海底であった。

「サンマリン」の酒井さんやスタッフの皆さん、ガイドの李さん、皆さんのおかげで楽しいみなべロケハンができました。

Dsc01222

今度は番組かついで潜りに行くよー。

|

« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 前篇 | トップページ | 「日本百の海物語」第二弾 中国・九州お出かけ・グランデ その1 »

コメント

オオカワリギンチャクってすごく神秘的ですね。
なんだか、ムーミン谷に居そう^^
そうかー黒潮に乗って熱帯の子達が来るってことなんですね!
本当にど素人なので 純粋に思うのですが
なんでこんなに素敵な発色の生物が海底にいるんでしょうか?
なんだか と〜っても不思議です。
海の中でレモンイエローだなんて!♫
フリソデエビちゃんも めっちゃ綺麗♫
素敵な画像 ありがとうございます!

投稿: しんたろう | 2012年1月13日 (金) 22時57分

しんたろうさん、コメントありがとう。
オオカワリギンチャクはみなべの華ですね。
ところで、いま、宮島SAです。
明日から青海島で撮影です。

投稿: ヒゲアザラシ | 2012年1月14日 (土) 14時17分

えええ宮島SAだったんですか!
青海島、前回の画像も素敵でした!!
また楽しみにしてます!
ん〜 帰りに広島寄ってください(笑
お好み焼きで一杯やりましょう♫

投稿: | 2012年1月16日 (月) 22時50分

↑ しんたろう でした。
名前書き忘れました^^;

投稿: しんたろう | 2012年1月16日 (月) 22時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/53724684

この記事へのトラックバック一覧です: 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 後編:

« 「日本百の海物語」第一弾 プチお出かけ南紀 前篇 | トップページ | 「日本百の海物語」第二弾 中国・九州お出かけ・グランデ その1 »