« 北極水中生物シリーズ3 グリーンランドシャーク | トップページ | 北極水中生物シリーズ5 シロクマ?ホッキョクグマ? »

2011年9月 7日 (水)

北極水中生物シリーズ4 クモヒトデのバンザイ

F0894

氷の割れ目から海に入るのは、思ったより難しい。

潜水時間30分~1時間の間に氷が動き始めたら、

海からの出口を失ってしまう。

慎重に安定している開口部を捜し、閉まり始め

ても、必ず脱出できるだけの間口を開けて

おかなければならない。

その為には氷の開口部をノコギリや鉄棒で

突っつき広げる。

また、氷の下に入り、泳ぎまわった末、

出口の位置が判らなくなったら…この世の

終わり。

F0932

あくまでも慎重に、冷静に事を進めねばならない。

出口を見失わないため、ロープを引っ張って

潜水する。

そうそう、面白い事と言うか、当たり前の事な

のだが氷の下の水温は氷点下―2℃。

北極の海も北海道の流氷の海も同じだ。

氷点下―2℃以下になると塩分混じりの海水

でも氷結してしまう為、これ以上冷たい海水は

無い事になっている。

もっとも、北海道の流氷では潜水を終えた後

は暖かな温泉に入り人心地できるが、北極

では凍りついたテントが待っているだけだ。

F0828i

さて、そんな苦労を乗り越えてたどり着いた

砂地の海底にはツブ貝のような巻貝が這っ

ていた。

そして海底一面を覆い尽くすクモヒトデ…

またクモヒトデ。

皆、触手を持ち上げ、万歳三唱中。

|

« 北極水中生物シリーズ3 グリーンランドシャーク | トップページ | 北極水中生物シリーズ5 シロクマ?ホッキョクグマ? »

コメント

すんごい奇麗で神秘的ですね。
-2℃以下にはならないって
ビックリです。
でも、冷たいですよね~。
真ん中の写真が まるで
宇宙空間を浮遊しているようで
めちゃめちゃ好きです!
辿り着いたらクモヒトデなんですね
(笑)
神秘だぁ・・・・・

投稿: しんたろう | 2011年9月 7日 (水) 23時37分

しんたろうさん、コメントありがとう。
そうなんです、冷たいんですよー。アイスダイビングを終えてドライスーツを脱ぐと中から真っ白な霜がドッサリ出てきます。汗がスーツの内側にあたって霜になったものです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2011年9月 8日 (木) 23時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/52665892

この記事へのトラックバック一覧です: 北極水中生物シリーズ4 クモヒトデのバンザイ:

« 北極水中生物シリーズ3 グリーンランドシャーク | トップページ | 北極水中生物シリーズ5 シロクマ?ホッキョクグマ? »