« チョウチンアンコウ | トップページ | サメハダホウズキイカ »

2011年4月15日 (金)

ホタルイカの身投げ

10651i_2

この度の東日本大震災の犠牲となられた方々のご冥福を

お祈りするとともに被害を受けられた方々に心よりお見舞い

申し上げます。

3月11日以来、日本全体がSF小説の中に迷い込んで

しまった様子だ。

我々水中カメラマンの仕事場は海。

その海があのような凶暴な姿に変わり、町を、村を、

破壊しつくした・・・。

テレビであの津波の空撮を見た時、心の底から恐怖を感じた。

東日本大震災からはや1か月が過ぎたが、その間、

海に対する気持ちを整理しながら、富山県でホタルイカの

身投げを追ってみた。

身投げといっても、正確に言うと浅場に餌を追ってきた

ホタルイカが湧昇流に押され、方向感覚を失って浜に

打ちあがる現象を名付けたものだ。

実はこのホタルイカ、アメリカのテレビ取材を予定してい

たのだが、原発事故の放射能問題で取材が

キャンセルされた。

ホタルイカの生態は日本の誇れる生き物ストーリー

として楽しみにしていたのだが…残念。

このまま諦めるのも悔しくて、自ら取材にやって

きたのだ。

4月の上旬、新月の夜、人知れず身投げを繰り

広げるホタルイカの姿を想像していたのだが・・・。

富山、そして近県の人々が大挙して浜辺に押し

寄せてきた。

その数、数千・・・、中には小学生低学年の子供

たちまで連れ、夜明けまでホタルイカを網で掬って

いる家族もいる。

真夜中の砂浜は人・人・人・ホタルイカ・人・

ホタルイカ・ホタルイカといった感じで、訳の

判らない賑わいを見せていた。

普段の私なら、撮影の邪魔になる人々を舌打ち

しながら見ていた筈だが、今回ばかりは彼らから

元気を貰ったような気がしている。

10122i

|

« チョウチンアンコウ | トップページ | サメハダホウズキイカ »

コメント

私も恐ろしくて、まだあまり海の映像が見れない状態です。

時間が解決してくれるまで、待ちます。

富山に行っていたんですね。
来年の夏に、イタリアンの銀座ラ・ベットラが富山ふるさと館に出店するそうなので、機会があったら、どうぞ寄ってみてください。
東京ではなかなか予約が取れないお店なんですよ。
富山の食材を生かして、絶対美味しい料理を出してくれると思いますよ。
どうぞ、ご賞味あれ。

投稿: もも | 2011年4月17日 (日) 00時14分

お久しぶりの広島からです。

時流の中で突然の出来事に
今は自分の出来る事を、誠意をもって
協力しております。
久々に師匠の画像を拝見しました。
素敵です!すぐに保存です!(笑

幾日か前から我が家のベランダに
鳩が巣作りを始めています。
けれど、狭い場所なので
なかなか上手くいかない様子・・。
たくさんの木の枝が下に散乱・・。
それでも、雨の日も木の枝を運んできます。
メス鳩と思われる鳩が じっと
狭いベランダの梁のところに居て
一本の枝を咥えたまま
じっと待っているのです。
何もしてやれないのですが
驚かさないように・・・・
邪魔をしない用に・・・・・
してあげるだけです。

なんだか元気をもらってます^^
生きるって こういう事なんですよね。
きっと・・・。

投稿: しんたろう | 2011年4月19日 (火) 04時23分

ももさん,コメントありがとう。旅先で,そんな高級料理店にはいけません。
しんたろうさん,コメントありがとう。
今は,日本人全体が、生き方、自然との関わり合いを考え直す時なのかもしれないですね。

投稿: ヒゲアザラシ | 2011年6月 4日 (土) 08時18分

全然高級店ではありません。
ピザも出すそうですから。
イカ、エビなどおいしいと思いますよ。
まぁ、ダイビングした後に何なんですが。

それにこの時期イカ食べるって
ダイバーには非国民?

投稿: もも | 2011年6月16日 (木) 21時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/51390761

この記事へのトラックバック一覧です: ホタルイカの身投げ:

« チョウチンアンコウ | トップページ | サメハダホウズキイカ »