« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月31日 (月)

寒桜

00308i

伊東市大室山の「さくらの里」に散歩に行った。

「さくらの里」は様々な桜の品種が植えてあり、

一年を通して桜を見ることができる公園だ。

木枯らしの吹く今日この頃、まだ春の便りを聞くには早すぎ

るかな・・・と思っていたが、見事な蕾を見つけた。

寒桜が枝いっぱいに蕾をつけていた。

もうすぐ、色の濃い寒桜の花が開き始めるだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月30日 (日)

カモス

00319

新しいキャンピングカーにBS自動アンテナ「カモス」を装備した。

これで日本全国どこにいてもBS放送を見ることができる。

アンテナのスイッチを入れると、屋根の上で「グィーングィーン」

と音を立て、BS放送衛星を探す。

前のキャンパーでは手製のスタンドを持って車外に出て、

コンパス頼りに衛星を探していたが、これがなかなか難しい。

スイッチ一つで衛星を見つけてくれる「カモス」は頼もしい奴だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月29日 (土)

九十浜ブルー

_5809i

たぶん今が一番透明度の良いシーズン。

あまりの見晴らしのよさに砂地の海底情景を撮影してみた。

降り注ぐ陽光、揺れ動く波紋、白い砂地の海底、リップルマーク

・・・これこそが九十浜ブルー。

ここは慶良間のニシバマか・・・?といったトロピカルな光景だが、

なめてはいけない。

水温16度、スキンウェットスーツかドライスーツの世界。

下田・須崎の海底に硬派な青の世界が広がっているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月28日 (金)

キヌカジカ

_5988i

今夜も九十浜の魚の話。

海底でよく見かける体長6~7センチの魚、目がパッチリして、

なかなか可愛い。

この魚が何者なのか・・・図鑑と首っ引きで調べるが、

完全一致の同定ができない。

キヌカジカか・・・サラサカジカか・・・、堪えきれずに瀬能博士に

写真を送った。

待つことしばし、この写真から判断するにキヌカジカの

幼魚では・・・との返事をもらった。

撮影する相手の名前を覚えるのは生物撮影の最低限の礼儀。

やっと呼び名が決まった寒流の魚、キヌカジカは冬の海で

元気いっぱいだ。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2011年1月27日 (木)

フクロツナギ

_5974

須崎、九十浜(クジュッパマと読むんだよー)の海藻庭園、

その片隅にヒッソリと生える小さな紅藻、フクロツナギ。

その姿が面白いと、いろいろな水中カメラマンが撮影してきた。

今回は時間があるのをいいことに、ジックリと時間をかけ、

面白い姿のフクロツナギを探した。

ちょっと便所の落書きの様でもあるが、ほのぼのとした

雰囲気の群落を見つけ、撮影してみた。

僕には中国の人形劇みたいに見えるんだけど、

皆さんはどう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月26日 (水)

キイロウミコチョウ

_6009

次なる九十浜のスターはキイロウミコチョウ。

老眼の目では、探し出すのに何年もかかりそうな超マクロアイテム。

ガイド役をかって出てくれた坂本君とササメちゃんに

全面的に頼ることにした。

エッ、あった!もうあったの・・・、ウァー小せぇー。

全長4ミリほど。

マクロレンズで覗かないと、裸眼では見えません。

どちらに向かって動いているのかも判らない状況。

何とか体を海底に固定し、撮影に成功。

アップでみると和菓子のような生き物でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月25日 (火)

クロヘリアメフラシ

_6075

下田・須崎の九十浜(クジュッパマと読む)に潜りに行って

きました。

季節風の西風のおかげで抜群の透明度。

白い砂浜の海底は慶良間の海にいるみたい・・・

ちょっと寒いけど。

いろんな海の生き物たちが冬の寒さに耐えながら、

元気に生きていました。

そうそう、普段はあまり注意を払わないアメフラシの仲間、

クロヘリアメフラシの子供たちがいっぱいいました。

あるものは水中を漂い,あるものは白い砂の海底を這いずり、

いろいろな海藻にも沢山ぶら下がって、波の揺れを

エンジョイ中。

特に鮮やかな緑色の海藻、アオサに乗り、

旺盛な食欲を見せている奴が気に入った。

海底のサラダバーは大繁盛中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月23日 (日)

銀杏ダコ

00287

中野区の平和の森公園へ散歩に行った。

そこで年配のおじいさんが楽しそうに凧揚げをしているのを

見かけた。

その凧があまりにも小さいので、思わず「それ凧ですか?」と

尋ねてみた。

おじいちゃんは合点承知!「そう、凧です」と答えてくれた。

中野区に樹齢100年の銀杏の木があるので、先日その木の

長寿を願ってお祝いをし、銀杏の枯葉を使って凧作りを考案中

なのだそうだ。

確かに凧は銀杏の枯葉と同じ形、同じサイズに切り抜いた

紙製だ。

グランドを吹き抜けてくる微風を受け、ほんのひと時、

空を舞った銀杏ダコ。

去年の秋、強い風が吹いた日、青梅街道が銀杏の枯葉で

覆われ、黄色い竜巻が起きていたのを思い出した。

季節の便りは何処にでも在るんだね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月22日 (土)

駿河湾に沈む夕日

2_7086i

初日の出の次は落日風景。

1月9日西風の強い日、大瀬崎に潜りに行った。

湾内は風波が巻き起こる程度だが、湾の外側は時化模様。

いつもなら、観光船やフェリーが行きかう沖合、

船一隻見かけない。

西高東低、冬型の気圧配置で容赦なく吹きすさぶ西風に

巻き起こされた大波が逆巻いていた。

こんな処は泳ぎたくないね。

夕日が熾火のような色に染まって駿河湾に沈んでいった。

寒し!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月21日 (金)

初日の出

2011_6982i

遅ればせながら、今年1月元旦の初日の出。

富戸の家から一望できる伊豆大島に上る初日の出を撮影

しようと、300ミリ望遠レンズを買っておいた。

案の定、寝坊して、カメラを構えた時は大島の頭上をギラギラ

と上がっていく処。

ママヨッ!と諦めずに無理やり初日の出強行撮影。

太陽半分・海半分・・・トホホの写真だが、自分らしくて好いや。

今年もよろしくッ!!照明お願いしますよ太陽さん!!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月20日 (木)

カミソリウオ

Kamisoriuo_5741i

カミソリウオを最初に見た時はビックリしたねー。

今から、30数年前の事。

「これが魚かァー?」と言って、逃げないカミソリウオのペアーに

顔を近づけ、飽きずに眺めたものだ。

こんなでかい顔が近づき、さぞ、カミソリウオも気味悪かったと思う。

写真右側がメス、左がオスだ。

メスは大きな腹ビレの間に卵を持ち、守っている。

そうそう、昔はフウライウオと呼んでいたんだ。

褐色や臙脂色、黒っぽいのから鮮やかな緑色もいる。

ほとんどの場合、オスメスペアーで見かける。

今回、冬の富戸の海で出会ったのもペアーで、仲睦まじい感じ。

夏が繁殖シーズンだと思うが、冬でも仲良く一緒の

オシドリ夫婦なカミソリウオだ。

見習いたいね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年1月19日 (水)

日周移動?

Mejina_5770i

年末年始の季節、伊豆城ヶ崎では強い西風が吹く。

西風は波を沖合に吹き戻し、海岸線は絶好の凪。

まさにダイビング日和だ。とは言っても最近の若い人たちは

寒がりで、ドライスーツで潜っても、ヒーヒー言って寒がっている。

富戸の港には「温泉丸」が湯気を上げて、そんな人たちを

暖めてくれる。

午後の明かりが海底に差し込む頃、松林を抜けて射し込んで

きた陽光がつくりだす「魚ツキ林」の煌めきを横切って

メジナの群れが帰ってきた。

「帰ってきた?」

そう、メジナは早朝に沖合の餌場に出かけ、午後になると

港など、安全な入り江に戻ってきて夜を過ごす、

通勤する魚なのだ。

こうした行動を魚類生態学で「日周移動」と呼んでいるが、

夏に活発に行われると聞いていた。

真冬の富戸の海でも、メジナたちは一目散に港を目指し

泳ぎ去っていった。

風呂が待っているわけでもないのにね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年1月18日 (火)

おそまきながら…あけましておめでとうございます

00056

ずいぶん長い間ブログをさぼり、ついに年を越してしまいました。

あけましておめでとうございます。

今年も、全国各地の海に潜りに行きますよーッ!

愛犬ミューズも一緒に行きます。

今から大張り切りのミューズでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »