« 発光生物エダウミウシ | トップページ | 本場のムツサンゴ »

2010年10月10日 (日)

エゾバフンウニ

_5159i

宇登呂沖の海底にはエゾバフンウニが沢山いた。

皆、コンブの仲間をムシャムシャと食べ、海藻が

光合成で創り出した旨味を体に取り込んでいた。

異常気象がもたらした、高水温が悪い影響を

与えなければ良いが…との心配をよそに、

黙々と繰り広げられる海底食事風景であった。

宇登呂の町では、イヤという程、生ウニ丼を食べた。

もう来年までウニはウニのままで居て欲しい程満腹だ。

|

« 発光生物エダウミウシ | トップページ | 本場のムツサンゴ »

コメント

はじめまして。

素晴らしい海の中の画像の数々。
感動しちゃいました!

ウニ丼大好き!(笑)

2006年8月13日の記事へもコメントをさせていただきました。

月日貝の画像を使用させていただきたいのですが、お願いできますか?

今年は、鹿児島で月日貝が異常発生。
イベントなどで販売したいと考えています。
ポップなどに泳ぐ姿を皆さんに紹介させていただきたいと思ってます。

ご協力お願いします♪

投稿: かごっまおごじょ | 2010年10月22日 (金) 12時40分

ヒゲアザラシさん、こんにちは。
一生に一度、イヤという程
ウニ丼を食べてみたい私です。

23.24日と和歌山県串本町の大島へ
ディラ―のキャンプ大会に行ってました。
天気が良くなくて車内でのんびりしてました。
地元のスーパーに「ヨロリ」という鼻先を切られた魚が売られてました。
あれは何の魚だったのか?と思います。
カマスの大きくしたような?
和歌山の昔話に「ヨロリ」が出てきます。

夏には東伊豆には行けませんでした。
残念です。また計画したいです。

投稿: ひろこ | 2010年10月25日 (月) 14時34分

かごっまおごじょさん、コメントありがとう。月日貝の方に返事を書きました。
ひろこさん、コメントありがとう。調べてみたら「ヨロリ」はクロシビカマスという魚の地方名のようです。伊豆では「スミヤキ」と呼ばれる体色の黒い、おっかない顔をした魚です。身は美味しいのですが、小骨が多く、食べにくいとのことです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2010年10月28日 (木) 16時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/49705259

この記事へのトラックバック一覧です: エゾバフンウニ:

« 発光生物エダウミウシ | トップページ | 本場のムツサンゴ »