« シルバーバンク | トップページ | ツバクロエイ »

2010年6月 8日 (火)

オニダルマオコゼ「鍾馗」くん

_3236i

しばらくのご無沙汰でした。

石垣・西表島地方へ取材に行っていました。

久しぶりに潜る熱帯の海。肌にまとわりつく

暖い水を堪能してきました。

カラフルな魚たちが泳ぎ回る海底で一番最初に

目がいったのは、リーフの天辺に鎮座する

オニダルマオコゼ。

アグリー系の魚が大好きな私としては

見過ごせない存在。

正面に回って、その鬼瓦面を撮影した…。

アレッ!?可愛いジャン。

猛毒の背ビレと毒っ気のない童顔のミスマッチ

が気に入り、五月人形の「鍾馗」くんと

呼ぶ事にしました。

|

« シルバーバンク | トップページ | ツバクロエイ »

コメント

どことな~く・・・・
中村さんに似ている気がします!^^

作品に挑む厳しさと情熱!!
作品の素敵さと ご本人の
可愛らしさ♪

m(--)m ご無礼いたしました・・。

「鍾馗」くんで一曲書きます(笑)

投稿: しんたろう | 2010年6月 8日 (火) 23時02分

え~!?オニダルマオコゼってこんなにカワイイ顔してるんですか!?眉毛らしきものまであるし…可愛いすぎる~(≧▽≦)猛毒の持ち主とは思えない顔立ちですね(笑)

投稿: あや | 2010年6月 9日 (水) 00時16分

愛くるしい写真ですね☆
素敵です!!

投稿: そら | 2010年6月22日 (火) 12時43分

お久しぶりです。
連休は東北方面に行ってましたが
新潟で写真展があったとは
見たかったなあ~。

和歌山のある所では山のお祭りで
干したオコゼを備える風習があるそうす。
山の神がオコゼを好むらしいです。
(山の神とは狼のこと)見た目とか、毒とか
おっかなびっくりなオコゼで
山に住む狼に悪さをしないように
祈ったのでしょうか?

和歌山の昔話では
山の神とオコゼは結婚しちゃいます。

投稿: ひろこ | 2010年6月23日 (水) 08時12分

こんにちは!今日は知り合いの島根のガイドI氏について お知らせします。

中村氏のことを「本当に良い方」と私に言っていました
ショップにもお写真がありましたので・・・

3月に事故をされ 寝たきりになり リハビリ中です
このようなことを書き込むか 迷ったのですが・・・すみません

投稿: まま | 2010年6月30日 (水) 15時37分

今日のお話できた時間は気心知れた友人のようで、とても有意義でした。番組で見せている愛嬌ある笑顔が素敵でした。これも何かのご縁と感じております。素敵な奥様にもよろしくお伝えください。

PS 番組は録画して毎週楽しみに拝見しております。

投稿: フレブル | 2010年7月 8日 (木) 19時17分

しんたろうさん、コメントありがとう。
僕も年取って威厳より愛嬌が出てきた感じです。
あやさん、コメントありがとう。僕も初めて五月人形の鍾馗様みたいな顔をしていることに気づいたんです。
そらさん、コメントありがとう。怖い魚をカワユク撮るのは写真家冥利というものです。
ひろこさん、コメントありがとう。オニダルマオコゼは間違って刺されると命を亡くしかねない難物ですが、食べると旨いそうです。
ままさん、コメントありがとう。Iさんの事は心配しています。仕事に追われて、未だお見舞いに行けてないですが、来月には会いに行って話をしてこようと思っています。
フレブルさん、コメントありがとう。これからもいろいろな所に潜りに行きますので、応援して下さいね。

投稿: ヒゲアザラシ | 2010年7月28日 (水) 00時02分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/48577261

この記事へのトラックバック一覧です: オニダルマオコゼ「鍾馗」くん:

« シルバーバンク | トップページ | ツバクロエイ »