« 成田さん兄弟と | トップページ | ヒロウミウシ »

2010年4月 4日 (日)

葉山の海

千葉からの帰り道,ちょっと寄り道をして葉山・長者ガ崎

に寄った。

3~4才の頃、親戚一同の子供たちと葉山の知り合い

にあずけられ、海三昧の日々を過ごした、懐かしい所だ。

ダイビングをするようになってからは、対岸の伊豆半島

で潜ることが多く、密漁者が多い三浦半島とは縁遠く

なっていた。

そんな、「灯台もと暗し」的な葉山の海に、水中写真

大好き、海の生き物大好きのダイビング・サービスが

できたと聞き、訪ねてみた。

潜る場所は葉山御用邸の近く、芝崎海岸。

地元のダイブショップ「ナナ」の佐藤 輝さんにガイドを

頼み、沖合の岩礁周辺に潜った。

海底は予想以上に濃密な海藻林に覆われていた。

海藻天国という感じ。

ホンダワラ、アカモク、オオバモク、アラメ、カジメ、

ワカメ、テングサ、アオサノリ等々、まるで熱帯の

ジャングルに分け入り、絡まる植物を掻き分け、

掻き分け、探検しているような面白い海底だ。

魚類も、今人気のダンゴウオをはじめ、伊豆で

お馴染みの魚たち、プラス、深場からの湧昇流に

育まれる、寒流よりの魚たちが、ちらほら見かけ

られると言う生物相のようだ。

これからこの湘南の海で、どんな発見が成される

のか、楽しみだ。

北風が強く吹く3月末の早朝、愛犬ミューズに

起こされ,長者ガ崎の高台に出てみると、相模湾

の対岸は真っ白な雪景色に変わっていた。

正面にそびえる富士山も裾の部分まで雪を

かぶり冬装束。

南の方を見渡すと、伊豆高原の我が家近くにある

大室山や大島の三原山の頂上も真っ白に輝いて

見えた。

相模湾、そして、それに連なる相模灘を一望にし、

この海の自然の美しさに寒さも忘れた。

_1739i

_0807_2

|

« 成田さん兄弟と | トップページ | ヒロウミウシ »

コメント

海藻のジャングル…とても幻想的なお写真ですね。海藻の林を掻き分けて進むのって、何だかワクワクしますよね!
透明度が良く遠くまで見渡せる海とはまた違った美しさですよね(^-^)

投稿: あや | 2010年4月 6日 (火) 20時01分

あやさん、コメントありがとう。今の時期は葉山でも10mほどの透明度があります。これから春濁りと言われる海藻プランクトンが増え、秋まで透明度が悪くなる事もあります。それでも、潮流の影響で、良くなったり、悪くなったり毎日変化するそうです。海は生きてるからね。

投稿: ヒゲアザラシ | 2010年4月10日 (土) 12時11分

葉山がこんな海だったとは、思いもよりませんでした。昔、彼がウインドやってて、1年中行ってたけどねぇ。。。

投稿: もも | 2010年4月25日 (日) 14時12分

ももさん、コメントありがとう。葉山の海は潜っても楽しいよ。

投稿: ヒゲアザラシ | 2010年5月 8日 (土) 23時24分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/47986185

この記事へのトラックバック一覧です: 葉山の海:

« 成田さん兄弟と | トップページ | ヒロウミウシ »