« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »

2010年2月23日 (火)

ワカメの万歳

_1283

その日の下田須崎の九十浜(クジュッパマ)は多少の

ウネリ波が入る、ワサワサした海だった…と思ってくんねィ。

アラメ、カジメの葉が気持ちよく波に揺れるのを

撮影するには絶好の海況だ。

カジメ林の海底を行くとワカメが大きく育っていた。

うまそォー!!

酢醤油でかっ込むのを想像して、思わず唾がわいた。

ウネリ波に揺られ、海底をのたうち回っている。

まるで五体投地の礼拝の様。

寄せ波で岸側になびき、引き波で立ち上がってくるのを、

待ち受けシャッターを切った。

ワカメの万歳三唱、海藻の季節真っ盛り。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2010年2月18日 (木)

ハリセンボン玉

1173

大瀬崎の海にハリセンボン玉が来た。

大瀬崎のダイビングサービス「はまゆう」の相原君が

メールで報せてくれた。

あのソフトボールのようなハリセンボンが何百匹も…

うぅ~…見たい!!

矢も楯もたまらず、戻ったばかりの東京を後に,

大瀬崎に向かった。

あいにくの北東風、時化模様。

夜になるのを待って、ハリセンボンの姿を求めて

海中へ。

噂では何百匹などという単位ではなく、何万匹も

いたらしい。

50匹単位のグループをそこここに見かけた。

結局巨大なハリセンボン玉は見つけられなかった。

それでも、7~8センチの若ハリセンボンたちに

取り囲まれて大満足。

ハリ100万本位は撮れたかな??

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 6日 (土)

アラメの森

_0975

須崎九十浜では、いつも美しいカジメ林の水中森林浴を

楽しんでいる。

今回は他の海藻を求め、浅瀬の方を潜ってみた。

今は海藻の一番元気な季節。

太陽の光を浴び、楽しそうに揺れる海藻林があった。

カジメによく似たアラメの群落だ。

カジメの茎が真っ直ぐなのに対し、アラメの茎は二股に

分かれているので区別できる。

通常、両種が混在する場所ではアラメの群落の方が

カジメより浅い場所に有る事が多いらしい。

静かにアラメが林立する海底に身を横たえ、木漏れ日を

浴びていると、自分が海の一部になれた気がした。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

2010年2月 5日 (金)

イリエヒメミノウミウシ

_1049i

伊豆下田の近く、須崎に潜りに来ている。水が綺麗だ。

風が強い!そして冷たい!!

でも、潜ってしまえば水温14度前後。

ウェットスーツでスーイスイだ。

水中ガイドをしてくれたササメちゃんが指さす先

を見ると…ウッ、見えねぇー…、老眼の俺の目は、

そげな小さな物は認識せんのじゃ。

ドレドレ、マクロレンズで除いてみるか、ヨッコラショっと。

フムフム、ウミウシだな…。

何か巨乳のような物が見えるぞ!

若かりし頃にはやったトランジスタグラマーか…?

エイヤッとばかりに数カット撮影したが、

フォーカスがあったのは1カットのみ。

調べると、イリエヒメミノウミウシと言うお方だそうだ。

全長約1㎝。

恐れ入りました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2010年2月 1日 (月)

ミゾレ雪

Img_0307i

暖房の効いた寝室から出て、ふっと窓を覗くと雪が

降っていた。

家前の路地がフンワリ真っ白だ。

愛犬ミューズを連れ、雪の様子を見に行く。

雪は大粒で湿気を含んだミゾレ雪だ。

ミューズは路地でオシッコを終えると一目散に

家に戻ろうとする。

滑って足が空回り…、フフ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年1月 | トップページ | 2010年3月 »