« のとじま水族館 | トップページ | マイ・フィッシュウォッチング・ガイド »

2009年10月 1日 (木)

シーパップ

Photo

これシーパップ。

そう言われても判る人は少ないと思う。

一昨年の春、睡眠時無呼吸症候群で心臓を痛め、

入院して以来、ずっとこの機械を装着して寝ている。

このシーパップは睡眠時無呼吸に陥ると、

マスクから鼻にプレッシャーがかかり、呼吸が

止まらないよう手助けをしてくれる機械なのだ。

しかし眠る時、顔に大きなマスクを装着する為、

煩わしい。

それでも何とかポンコツになった心臓を救う為、

シーパップを使い続けた。

「イャー、なかなか良い効果が出ています。

シーパップの使い方がうまいですね。」と担当医に

誉められた。

なによりも、誉められ好きの私としては良い気分。

よく考えてみれば、職業柄、撮影で水中にいる時も

マスクやレギュレター(呼吸補助器)を付けている。

呼吸補助機関系の専門家である訳だ、

エヘンエヘン!(威張ってどうする?) 

ところでシーパップのうまい使い方を発見した。

朝早くに愛犬ミューズがベッドに飛び乗ってきた時、

布団をかぶって「顔舐め」から逃れる事ができる。

通常布団の中に潜り続けていると、息苦しくなって

外に出てしまうが、シーパップが外の新鮮な空気を

送り続けてくれるので、布団の中に籠城、

再熟睡できる訳だ。

|

« のとじま水族館 | トップページ | マイ・フィッシュウォッチング・ガイド »

コメント

そんな機械があるんですね(☆o☆)!
しかし「使い方がうまい」って……どういうことなんでしょうね(笑)?
お体、大事にしてくださいね(^-^)

投稿: あや | 2009年10月 1日 (木) 21時08分

あやさん、コメントありがとう。
使い方がうまいという事は、機械を付けたまま、グッスリと眠れてるという事らしいです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年10月 1日 (木) 21時43分

こんにちは、ヒゲアザラシさん。
いよいよ来週は七尾市の方に行くので
台風が気になっています。
キャブコンは風に弱いので
怖い目に合いませんように・・・。

シーパップという機械の事は
初めて知りました。
他人ごとではないのです。
うちの旦那さんも就寝中に
息が停まることがよくあります。
睡眠時無呼吸症候群ではないかと
心配しています。

病院での検査を勧めているのですが
おしりが重くて行ってくれません。
何か診察に行くきっかけがあればと
いいのですが。

投稿: ひろこ | 2009年10月 2日 (金) 13時54分

それは心配ですね。
無呼吸症候群の最大の問題点は、呼吸を止めると血中の酸素濃度が低くなり、酸素を一番必要とする器官(脳と筋肉)に影響が出始めるそうです。でも就寝中なので脳も筋肉もあまり使っていません。しかし、心臓の筋肉は24時間勤務のため低酸素に苦しめられ、筋肉自体に障害が発生してしまうそうです。長い期間かかって障害が発生するらしいので、慌てる必要は無いと思いますが、良いお医者さんに見て貰うと良いですね。僕の場合は東京医大で診て貰いました。東京医大は睡眠時無呼吸と循環器内科がタッグチームを組んで、熱心に研究しているそうです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年10月 2日 (金) 14時51分

ヒゲアザラシさん、
心配させてごめんなさいね。

和歌山市だと県立医大か日赤病院が
大きい病院です。
本人が自覚してくれたらな。
上手に検診に行ってもらえる方法を
考え中です。
アドバイスありがとうございます。

投稿: ひろこ | 2009年10月 2日 (金) 18時27分

ひろこさん、コメントありがとう。
僕の場合、睡眠時無呼吸を続けていると「倦怠感」につきまとわれる感じがあるので「熟睡できますよ」と言うお医者さんの言葉に一番惹かれました。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年10月 3日 (土) 08時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/46360455

この記事へのトラックバック一覧です: シーパップ:

« のとじま水族館 | トップページ | マイ・フィッシュウォッチング・ガイド »