« 7本縞キヌバリ | トップページ | シーパップ »

2009年9月21日 (月)

のとじま水族館

P1020745

能登島の水族館に行った。

大水槽に植えられたモントレー湾のジャイアントケルプ

が綺麗だった。

最近海藻の撮影ばかりしているので、海藻の持つ

半透明感に敏感になっている。

のとじま水族館のある七尾市はモントレー市と姉妹都市

だそうだ。

ジャイアントケルプも能登の日差しを浴びて、幸せそうだ。

|

« 7本縞キヌバリ | トップページ | シーパップ »

コメント

とっても幻想的ですね!私もダイビングをしますが、こんなケルプの森で泳いでみたいですo(^-^)o

投稿: あや | 2009年9月22日 (火) 20時35分

ジャイアントケルプの本場はカリフォルニア州沿岸ですが、能登島水族館のは濡れずに見れます。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年9月22日 (火) 22時32分

師匠!お元気ですか!

むか〜し、ロケが続いて何度か能登に行きました。
ガラガラの水族館で、イルカショーを見た気がします。

富山ロケの際も、何度か能登にチャレンジしましたが、
果たせず随分ご無沙汰しています。

氷見の魚が美味いと、ブランドになっていますが・・・
要するに、富山湾で獲れた魚ですよねぇ。
魚津の魚も、入善の魚も、同じところで泳いでますよねぇ。

投稿: 旅ガラス | 2009年9月23日 (水) 00時56分

追伸

そうそう、魚津水族館の館長には映画のロケで
お世話になりました。

帰り道に、冷やかしに行って下さい。

えらく古くて、こぢんまりとしていますが・・・
富山湾のホタルイカが、ノーベル賞のきっかけになったそうです。

投稿: 旅ガラス | 2009年9月23日 (水) 01時02分

旅ガラスさん、コメントありがとう。
ホタルイカが誰のノーベル賞のきっかけになったんですか?

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年9月23日 (水) 18時00分

旅ガラスさん、コメントありがとう。
富山湾や七尾湾は湧昇流が多く、生物的にはマンモス面白い所みたいです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年9月23日 (水) 18時05分

聞きかじりですんません。
以下ネットでの記事を引用します。

米ボストン大名誉教授下村脩さん、ノーベル化学賞受賞

下村さんは昭和四十年代、米国プリンストン大発光生物研究室主任研究員として、ホタルイカやウミサボテンの発光物質を研究するため当時魚津市本町にあった魚津水族館を何度も訪れている

下村氏がノーベル化学賞を受賞したのは、62年にクラゲから緑色蛍光たんぱく質(GFP)を発見し、病気の治療に実用化したからだ。 この物質は紫外線を当てれば緑色の光を発する。 がん細胞に投入して病気を追跡し、治療方法を探す重要な道具となる。

投稿: 旅ガラス | 2009年9月23日 (水) 23時21分

旅ガラスさん、コメントありがとう。
下村博士ですね。クラゲの事はよく知っていましたが、ホタルイカやウミサボテンは知りませんでした。僕は国士舘大学で教鞭を執っていた、故羽田先生に発光生物について、いろいろ教えて貰いました。面白い事が一杯あるんです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年9月24日 (木) 02時39分

モントレーの水族館、なつかしいです。
日本にはまだこのような水族館がなかったので、大変感動したことを昨日のように覚えています。
ゴマフアザラシのマックスにも会えてうれしかったです。
お腹を上に向けて、水中で寝ている姿は、超ーかわいかったです。

投稿: もも | 2009年9月24日 (木) 23時12分

遠征に行く娘にMontreyは、水族館があって面白いところと師匠に聞いた話を偉そうにしていましたら、どうも話が食い違い・・・スイスのMontreuxに行くとのこと。

聞きかじり、思いこみはいけませんなぁ・・・。
子供の成長と共に、親父の権威はどんどん失墜しております。

投稿: 旅ガラス | 2009年10月 1日 (木) 01時57分

それは僕でも間違いそうだね。モントルーはジャズフェスティバルで有名なところだね。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年10月 1日 (木) 07時11分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/46274474

この記事へのトラックバック一覧です: のとじま水族館:

« 7本縞キヌバリ | トップページ | シーパップ »