« コブダイ「弁慶」の闘い | トップページ | 側面誇示 »

2009年7月13日 (月)

「玉虫」

I_1208

去年、今年とこの2年、集中的に北小浦の「弁慶」

を撮影しているうちに気付いたことが1つ。

気のせいかもしれないが、「弁慶」に正妻のような

態度のメスがいると言うことだ。

こう話すと、神懸かりだの、科学的でないだのと

非難の集中砲火を受けそうだが、確かに他の

メスと素振りが違う。

ソッとそのメスを「玉虫」と名付けてみた。

「玉虫」は大型のメスで、いつも「弁慶」が他のメス

と産卵するのを遠目から見ている。

そして、産卵行動が一段落し、他のメスが周囲に

見かけられなくなる頃、スッと「弁慶」に寄り添い、

産卵行動にはいる。

“ラストダンスは私に”…という感じだ。

2匹で寄り添いながら、赤岩から離れ、大きな円

を描きながら上昇を始める時、他のメスと素振り

が違うのに気付いた。

「玉虫」が「弁慶」に寄りかかるように、身体を

あずけている。

ただならぬ仲の男女が寄り添っている雰囲気

なのだ。

少なくとも、この2匹の間に強いボンド(結びつき

)が感じられる。

昔、故ジャック・モイヤー博士に「大型のコブダイ

のメスは、オスへの性転換が近いので、産卵回数

も少なくなり、産卵量も少ない筈だ」と習ったが、

「玉虫」は充分な量の卵を産み出し、尚かつ、

「弁慶」が他のメスと産卵できない時でも、最後に

寄り添い、ホノボノとした産卵行動を見せてくれる。

個体識別され、観察が続けられて20年、

北小浦「赤岩」の頂点に立つ「弁慶」の私生活が

かいま見えてきた。

|

« コブダイ「弁慶」の闘い | トップページ | 側面誇示 »

コメント

「弁慶」と「玉虫」の写真とコラムに
胸がキュンとしました。
現在放映中のBS-TBSの番組を
楽しみに見ている者です。
しばらく番組が放映されてなくて
淋しく思ってます。
こちらのブログをチェックしながら
番組も楽しみにしています。

投稿: ひろこ | 2009年7月14日 (火) 12時06分

弁慶に玉虫・・・。
そう思ってこの写真を眺めていると
物語のワンシーンのように思えてきます。
静かな琴の音や笛の音が
静かに流れて聴こえてくるようです~。
僕は音楽の仕事をしているのですが
弁慶と玉虫をモチーフに
曲を創ってみようかなと思いました。
いいのが出来たら 聴いてください(笑

投稿: しんたろう | 2009年7月14日 (火) 19時04分

ひろこさん、コメントありがとう。
まだまだ、番組で紹介したい生物たちは一杯いるんです。BS-TBSに再放送と新番組の催促メールを出して下さい。お願いします。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年7月16日 (木) 09時21分

しんたろうさん、コメントありがとう。是非、曲を聴かせて下さい。楽しみにしています。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年7月16日 (木) 09時23分

BS=TBSの番組は視聴者の
応援によって続くのでしょうか?
とりあえず「続きが見たい!」と
意見要望を書いてきました。

青海島や松崎には行きました。
その海の中でヒゲアザラシさんたちが
お仕事されてたかと思うと
感慨深いです。

和歌山の海にも来てくださいね。
私もキャンピングカーのオーナーです。

投稿: ひろこ | 2009年7月16日 (木) 20時50分

ひろこさん、コメントありがとう。BS番組はなかなか視聴率がでないので、皆さんの投書メールが大変有効です。宜しくお願いします。和歌山の海は「海の細道」で取材したい場所です。是非、現地でお会いしたいですね。海の話、キャンピングカーの話等々、話題は尽きそうもありませんね。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年7月17日 (金) 03時20分

そうでした。「武蔵坊弁慶」の故郷は
和歌山の田辺でした。

物語の「玉虫」さんとのロマンスのことは
わからないのですが、
ヒゲアザラシさんの写真からは二匹の
ロマンスがたっぷり伝わってきます。

ちなみに私は串本で生まれで
12歳まで住んでいました。
橋杭海水浴場で遊んだし、
夏の朝早くに祖母と串本港の魚市場で
競りに漏れた魚をもらいに行ったり、
橋杭と反対側の磯の海岸で見た
海亀の死体の記憶が
生々しく残っていたり、
急に子供の時のこと
フラッシュバックして来ました。

故郷を離れて早や37年、
年がばれますが、その間、串本の海の
環境はかなり変わったかと思います。
全身トロのマグロが養殖されるように
なったり、鬼ヒトデが大繁殖したり、
埋め立てされて海岸線が変わりました。

それでもラムサール条約に
登録されて、今後はこの海を
どう守っていくか、
故郷を離れていても気になる所です。

一喜一憂でもあるけど
「海の細道」で取り上げてもらえるなら
どんな和歌山の海に会えるだろう。
想像するだけで幸せになれます。

是非、ヒゲアザラシさんと四方山話を
させていただきたいなぁ。

「弁慶」繋がりから
串本の海に行っちゃいました。

投稿: ひろこ | 2009年7月18日 (土) 00時30分

ひろこさん、コメントありがとう。
「弁慶」は田辺生まれですか。
串本には友達が沢山いるので、取材が楽しみです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年7月18日 (土) 02時18分

コブダイの雌が雄に性転換するとは知りませんでした。雌性先熟なんですね。
千葉で見たコブダイはピンク色で、IOPで見たものは赤黒っぽくて、弁慶は白っぽいですね。食べ物が違うんでしょうか。
ともかく玉虫は弁慶のことを想い雄にならずに愛し続けるなんてロマンスを感じますね。

投稿: ふみうみ | 2009年7月25日 (土) 22時36分

ふみうみさん、コメントありがとう。コブダイの雄は喧嘩や求愛の時は興奮して白っぽく発色します。海の中で目立って、大きく見えるからでしょう。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年7月27日 (月) 18時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/45621769

この記事へのトラックバック一覧です: 「玉虫」:

« コブダイ「弁慶」の闘い | トップページ | 側面誇示 »