« おいらサーファー… だぜ! | トップページ | オオカズナギ »

2009年5月15日 (金)

純漁師風カツオのタタキ

1020341

伝え聞く、土佐のカツオ漁師が船上で食べる

純漁師風カツオのタタキをカアナパリの石川さん

に再現して貰った。

石川さんは昔、カツオ漁船に10年程乗り込んで

いたそうだ。

新米乗組員の仕事は飯炊き、カシキと呼ばれ、

賄い食作りの役割をする。

その純漁師風カツオのタタキとは、俎板を

ほとんど使わず、片手持ちのカツオを包丁で

3枚におろし、ガスコンロで炙った身を刺身に切る。

ここまでは普通のタタキとほぼ同じだが、

その炙りガツオの刺身を俎板(船上では板の間

の床)に平たく並べ、塩と醤油をかけ、両手で

バンバン叩くのだ。

その後金バケツにいれ、置く事30分程で出来

上がり。

ショウガもニンニクも使わない。

獲れたてのカツオが、堅すぎず、柔らかすぎずに、

サッパリとした味わいのカツオのタタキ、

今まで味わった事のない旨さであった。

歳を取り、船を下りた漁師さん達が、この世で

一番旨いカツオのタタキと称える料理、願う事10年、

やっと石川さんに食べさせて貰えた。

|

« おいらサーファー… だぜ! | トップページ | オオカズナギ »

コメント

すみません。俎板を使わずに、カツオを三枚に下ろすって、どういうことでしょうか?あんこうの吊るし切りみたいな感じでしょうか? それを片手で持ちながら、片手でさばくんでしょうか? そんなの見たことありません。是非、YOU TUBE にUPして下さい。お願いします。

投稿: もも | 2009年5月16日 (土) 00時53分

タタキの意味って
そういう語源があったんですかね!
まさにその瞬間の写真なんですね!!
生姜なんて必要ないくらい新鮮なんですね!
んーーーーーーーーー!!食いたい!!

中村さんで願う事10年ですもんね。
いつか辿り着きたい想いです^^
質問一つ・・・
 
中村さんは釣りはするんですか?


投稿: しんたろう | 2009年5月16日 (土) 04時28分

しんたろうさん、コメントありがとう。
僕は釣りはしますが、ヘタッピィです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年5月16日 (土) 07時26分

ももちゃん、コメントありがとう。
左手で尾を持ち、背びれ、尻びれの付け根をえぐり取り、後は骨に沿って、縦に3枚におろします。漁船には、俎板がない事が多いそうです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2009年5月16日 (土) 07時32分

^^
僕もへたっぴぃです!
釣りはノンビリもイラチもダメなんですってねw
んー 中村さんと釣りしたい!^^

投稿: しんたろう | 2009年5月18日 (月) 01時25分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/45020432

この記事へのトラックバック一覧です: 純漁師風カツオのタタキ:

« おいらサーファー… だぜ! | トップページ | オオカズナギ »