« フレンドリー | トップページ | コンブ林 »

2008年11月 1日 (土)

クロホシイシモチの産卵

0607062766

0607062766_2

海の生物が行う繁殖行動を撮影するのは、天から与えられた使命だと受け止めている私だ。

だが魚たちも、そう簡単にカメラの前で繁殖行動を見せてくれるわけではない。普段潜っている海に棲む、おなじみの生物とて、繁殖行動を見ようと思ったら相当の忍耐が必要だ。

クロホシイシモチは伊豆半島では何処ででも見かけられる魚だ。マウスブルーダーと呼ばれ、雌が産み出した卵塊を雄がくわえ、孵化まで口内で保護する魚だ。

雄雌ペアーになったクロホシイシモチの産卵を見るには、雌の産卵口の開きぐあいを確認するのが大切。皆、海底に顔を擦り付けるようにして、雌の腹下を覗こうとする。ちょっと、駅の階段で女性のスカートの中を覗こうとしている輩に似ていて、恥ずかしい事この上ない。

そんな努力を乗り越えて撮影できたのが今日の写真・その1だ。

西伊豆の大瀬崎で撮影したものだが、このペアーを狙い始めてから産卵まで3時間、ずっと同じ姿勢でカメラを構えていたので、腰が痛くなったのを覚えている。

クロホシイシモチは産卵の瞬間、雌が胎内から卵塊を産み出し、横にいる雄が精子をかけ、卵を受精させ、その後、素早く雄が卵塊を口にくわえるのだ。

だが、薄暗い海底では、雄の放精は殆ど確認できない。「本当に放精しているのだろうか…?」と疑問に思っていた処だったが、今日の写真・その2を見て頂くと判るように、卵塊の周りに漂う精子が確認できた。

最近の高精細デジタル画像の威力である。

|

« フレンドリー | トップページ | コンブ林 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/42972734

この記事へのトラックバック一覧です: クロホシイシモチの産卵:

« フレンドリー | トップページ | コンブ林 »