« サザエの産卵 | トップページ | オルネイトカウフィッシュ »

2008年9月20日 (土)

マウスブルーダー

4910







山口県の青海島で潜った。
クロイシモチが面白かったね。メスが産み出した卵塊を、オスが口の中に含んで、孵化するまで守るのだ。こうした、繁殖行動をする魚たちをマウスブルーダーと呼んでいる。

青海島のクロイシモチのオスはメスから卵塊を預かったばかりらしく、オレンジに見える卵塊を、その口からチョット覗かせていた。

レンズをその口に向け、待つ事…数分、やっとやりました卵洗い。そう彼らは、ただ口の中に卵塊を含んでいるだけではなく、時々それをはき出したり、ひっくり返したり、満遍なく新鮮な水が卵に触れるようにメインテナンスをしているのです。

ほんの一瞬の間に、ファサファサと卵塊をはき出し、また口に戻す。ここのクロイシモチは4日で卵を孵化させているそうです。
どんな生き物も生きていくのに必死だねー。

|

« サザエの産卵 | トップページ | オルネイトカウフィッシュ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/42535030

この記事へのトラックバック一覧です: マウスブルーダー:

« サザエの産卵 | トップページ | オルネイトカウフィッシュ »