« センチメンタルジャーニー | トップページ | マッサージチェアー »

2005年11月10日 (木)

魚になった日

来年で潜水歴40年目をむかえる私。

どんな物にも始まりがあるように、私にも初めて海に潜る日があった。

伊豆海洋公園の鬼軍曹・友さんに潜水訓練を受けた。

初日はプール訓練、翌日は早速ダイビングという素早さだ。

当時は訓練カリキュラム等という物はなく、講習生の様子を見てインストラクターが判断し、講習を進める形だった

初めて水の中に潜る興奮で、喉がカラカラだったのを覚えている。

水面でシュノーケルをレギュレターに取り替え、いざ海中へ。

思うに任せぬ浮力との戦い…、期待ばかりが膨らむ。

「痛テ、痛テテテテ…」 耳抜きが上手くできん!友さんが,しきりと鼻をかめ、アゴを動かせとサインを送ってくる。

鼓膜は水圧に押され、破裂寸前。なんと、根性で水深6メートルほどの海底まで潜った。耳はギシギシと水圧で締め付けられ、痛いの痛くないのって…痛かったです。

一緒に潜った、兄は簡単に耳抜きが出来、スイスイと泳いでいる。

ダァーメェーダァァァーッ!我慢できん!と初日のダイビング、ギブアップ。

そう、今は海を前にして、大きな顔をしている私だが、その出発点は汚辱にまみれたものであったのだ。

「挫折」が人間を大きく育てるのッ!大きく。

その後、東京に帰って、耳鼻咽喉科の診察を受ける。水圧による鼓膜後屈、治療7日間を要する。

トホホ…な気持ちで病院に通い詰め、ついでに耳抜きに大切な、耳管を掃除して貰う。鼻の穴から管を差し込み、喉の奥の部分をエアーで洗う。これはかなり気持ち良い。脳味噌が涼しくなって、頭が軽くなった気がした。

そして、次回の海洋実習でやっと海に潜ることができた私でした。

今では、鼻をかむでもなく、アゴを動かすでもなく、簡単に耳抜きができてしまう私だが、「ローマは一日にして成らず」、数多くの挫折を経て魚になったのさ。

|

« センチメンタルジャーニー | トップページ | マッサージチェアー »

コメント

そーすか........御大にもそんな出発点が........意外っす。ブログがんばって続けて下さいネ。

投稿: Touch | 2005年11月21日 (月) 20時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/7006187

この記事へのトラックバック一覧です: 魚になった日:

« センチメンタルジャーニー | トップページ | マッサージチェアー »