« 魚になった日 | トップページ | 思い出のペリス島 »

2005年11月16日 (水)

マッサージチェアー

念願のマッサージチェアーを手に入れたのは去年の5月。

配送の車がマンションの入り口まで運んできてくれた。重さは梱包材を入れ90キロ。

早く部屋に運び込んで、揉み具合を試してみたいと焦るが、家は自慢のエレベーターなしマンションの4階、どうする…?

だまして会社から連れてきた副社長と配送の運転手さん、そして私の3人で階段を運び上げる事となった。

梱包を壊し、巨大なマッサージチェアーを引っ張り出し、リクライニングさせた状態を3人で運び始めた。スッゲー重い。

狭い階段、重心配分のとれない椅子、蒸し暑い初夏の日差し…最初の階段の角で肘掛けのプラスチックカバーが割れ、はじけ飛んだ。それにしても、なんて重いんだろう。持つ手が汗で滑る。間口75センチの玄関に幅80センチの椅子をねじ込む。部品がきしむ。

家が喉つまりを起こすようにしてマッサージチェアーを飲み込んだ。

配送の人が逃げるように帰っていった。

副社長がヨレヨレになって会社に戻っていった。

皆、スマン・スマンと心で謝りながらマッサージチェアーにかかる。

ウッ!なかなか上手いぞ!背筋が伸びる。

先程、階段で酷使した背筋が悦びの呻きを上げている。

説明書を読むと「体重100キロまで」と書いてある。現在110キロ近くある重量を受けて、機械はスムースに動いている。ヤルジャン!耐久テストとばかりに、かみさんを上に乗せてみた。ウッ、効クーッ!プロレスラーに揉まれているみたいだ。

あれから1年半、我がファミリーマッサージチェアーは不当な重量オーバーにもめげず、毎日私たち夫婦を揉み続けてくれる。コストパフォーマンス抜群の買い物であった。満足満足大満足!

|

« 魚になった日 | トップページ | 思い出のペリス島 »

コメント

く、くるしそー。
家とマッサージチェアーが。
ヒゲアザラシさんは気持ちが良さそうです、とても!

いつも更新楽しみにしています。
海底地震と魚になった日の記事にはドキドキ。
こしあんと鶏飯の記事は、無性に食べたくなりました。
セビッチェは初めて聞きましたが美味しそうですねぇ・・。
食べてみたい。
いかん!食べ物の記事にばかり反応してしまう。
ダイビングってご飯が楽しみになります。(ぼちぼちと初めての所に行くので)

投稿: たこべら | 2005年11月17日 (木) 20時35分

たこべらさん、コメントありがとう。ダイビングの後の食事はいつも最高だよねー。ますます太っちゃいそうです。

投稿: ヒゲアザラシ | 2006年1月14日 (土) 22時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/143343/7134680

この記事へのトラックバック一覧です: マッサージチェアー:

« 魚になった日 | トップページ | 思い出のペリス島 »