2018年5月16日 (水)

2018中村宏治のちょっと底まで 011

◇2018 中村宏治のちょっと底まで 011 5月16日◇

今回の「ちょっと底まで」は千葉が担当させていただきます。
前回より引き続きまして、『前に撮った』写真シリーズです!
それでは参りましょう。
東京新宿より、ちょっと底まで。

5041new_2

*ジュウモンジクラゲ*
『南三陸町で以前撮影したクラゲ。八方手裏剣みたいな形。アマモやスガモに付着している。カナダ領北極の海底でも、この仲間が海底の海藻にくっついていた。 by中村』
いわゆる「クラゲ」のイメージとは程遠いですが、クラゲです。
名前の由来はもちろんこの美しい十文字だと思われますが、この十文字の中央にはさらに小さな十文字の口があるようです。
生き残るために進化してきた結果がこの十文字なんて、カッコイイですね。

5055new

*エゾアワビ*
南三陸町で撮影されたエゾアワビです。
本来はクロアワビよりも一回り小さな種ですが、南の地方で育てると同じくらい大きく育つことが知られています。そのため、伊豆でも大きなエゾアワビが採れるそうです!

5019new

*キタムラサキウニ*
『知らないものを見るとカメラマンの本能として撮影しておくが、調べないまま置いてある写真がいくつかある。この白いウニもその一つである。 by中村』
こちらのウニ、全然「紫」ではありません・・・。
種を調べるのに苦労しました。
白いから「シロウニ」かと思ったのですが・・・、シロウニは深海に生息する種でした。
調べていくと「三陸でたまに白いキタムラサキウニが採取される」という情報を発見しました!
おそらく写真の個体もそうではないかと思われます。
白い理由ははっきりとは分かりませんが、ウニにもアルビノがいるのですね。
海にはまだまだ知らない世界があります。
中村さん、次回の写真も楽しみにしております!
【リンク】
*中村宏治公式ページ:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/
*中村宏治フォトギャラリー:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/gallery/
*日本水中映像Youtube:https://www.youtube.com/user/suitube7
*日本水中映像ニコニコ:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui
*日本水中映像Facebook:https://www.facebook.com/japanunderwaterfilms/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月10日 (木)

2018 中村宏治のちょっと底まで 010

◇2018 中村宏治のちょっと底まで 010 5月10日◇
日本水中映像の佐藤です。
本日も青海島滞在中の中村より、『前に撮った』生き物の写真が届きました。
潜れない日は写真整理の日。
海が荒れなければ、今もHDDの中に眠っていたかもしれない作品たち。
中村さん、どんどん掘り出してください。
夜の東京新宿より“2018 中村宏治のちょっと底まで” をお送りいたします。
4529inew

4536inew

*イトヒキヌメリ*
『島根の海での出会い
トビヌメリの産卵行動を、日没後の海底で撮影していると、突然の闖入者登場。
プロレスの悪役のようにトビヌメリの雄雌を蹴散らし、我が物顔で海底を泳ぎ回った。
顔をよく見ると・・・強そー! 
何者かと思っていると、「イトヒキヌメリ」と天からの声が聞こえた。
私の背後霊の一人が魚類学者らしい。時々、知らない魚の名前が思い浮かぶ。
アリガタヤアリガタヤ・・・・ by中村』

Photo

*青海島の夕日
すっかり穏やかになった青海島の海でしょうか。

まあ、夜のアマモ場、楽しそう。
私はネズッポの仲間の見分けが苦手です。
砂模様の背中、鮮やかなラインの入った顔、長い口・・・似てるものが多い!
ですがこのひょうきんな顔が好きです。今も真似しながら文章の入力をしています。
この口を「もご もご」っと伸ばしながらキョロキョロしている姿、真似しすぎると口の周りにシワができます。

明日はどのような写真が届くでしょうか。

【リンク】
*中村宏治公式ページ:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/
*中村宏治フォトギャラリー:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/gallery/
*日本水中映像Youtube:https://www.youtube.com/user/suitube7
*日本水中映像ニコニコ:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui
*日本水中映像Facebook:https://www.facebook.com/japanunderwaterfilms/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 9日 (水)

2018 中村宏治のちょっと底まで 009

◇2018 中村宏治のちょっと底まで 009 5月8日◇
日本水中映像の佐藤です。
お久しぶりでございます。
青海島滞在中の中村より、『前に撮った』生き物の写真が届きました。
『海が悪いのでキャンピングカー内で昔撮影した写真の整理中。 by中村』とのことです。
3月なみの気温に震える東京より “2018 中村宏治のちょっと底まで” をお送りいたします。

1743inew

*コウイカの仲間*
『こうして、時間を経て写真を見ると「つくづくコウイカってイイ奴だな~」と思う。優しい眼差し。石垣島で撮りました。 by中村』

4427inew

*サザエの放卵*
『緑の卵トルネード、みんなサザエになると良いね。 by中村』
このサザエにはトゲトゲがあり、「有棘型」というそうです。
図鑑を開いて見ますと「小型の時は岩の間にいるが、大きくなると褐藻の多い潮間帯に下る」とありました。
そういえば小さなサザエを見たことがありません!
貝殻の表面にはピンクや赤の紅藻や石灰藻がついていて綺麗です。
中央の棘の根元にある薄いオレンジの部分は苔虫でしょうか?
白い小さな点々も小さな生き物。
じっくり見てみると、随分と賑やかな貝殻住宅でした。
【リンク】
*中村宏治公式ページ:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/
*中村宏治フォトギャラリー:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/gallery/
*日本水中映像Youtube:https://www.youtube.com/user/suitube7
*日本水中映像ニコニコ:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui
*日本水中映像Facebook:https://www.facebook.com/japanunderwaterfilms/

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年5月 2日 (水)

2018 中村宏治のちょっと底まで 008

◇2018 中村宏治のちょっと底まで 008 5月2日その2◇
日本水中映像の佐藤です。
青海島滞在中の中村より、生き物の写真が届きました。
動画を投稿したばかりですが “2018 中村宏治のちょっと底まで” をお送りいたします。

Photo

*アカモクの林*
背が高い海藻がアカモクでございます。
細長いお米の様な器官、「気胞(ガスの入った浮き袋)」を全身に持っているため、海の中ですくっと立っていられる海藻です。
(ヒジキも同じ仲間です)
背の低い海藻はワカメでしょうか?

Photo_2

*ヒザラガイ*
背中に8枚の殻板(shell plate)を持つ生き物(多板綱)。
浮遊系とは真逆に、潮間帯の岩の上を離れたくない。そんな生き方をしているそうです。

本日はここまでにて、失礼いたします。

【リンク】
*中村宏治公式ページ:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/
*中村宏治フォトギャラリー:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/gallery/
*公式ニコニコ:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018 中村宏治のちょっと底まで 007

日本水中映像の佐藤です。
山口県青海島に滞在中の中村より・・・動画が届きました!
本日の “2018 中村宏治のちょっと底まで” お送りいたします。

◇2018 中村宏治のちょっと底まで 007 5月2日◇
動画:
チョウクラゲを飲み込んだアミガサウリクラゲ(Youtubeに飛びます)

・・・申し訳御座いません。
ここに動画を貼ることができませんでした。
そのため、Youtubeにて限定公開をいたします。
是非ご覧ください。

飲み込まれた後も動くチョウクラゲ・・・
両者ともに美しいクラゲですが、なんとなくチョウクラゲに気持ちを持って行かれます。
ふと昨年の映像を見直していたところ、アミガサウリクラゲが自分の体の10倍はあるオビクラゲに噛み付いているものがございました。
この方、すごいです。



【リンク】
*中村宏治公式ページ:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/
*中村宏治フォトギャラリー:http://www.juf.co.jp/kojinakamura/gallery/
*公式ニコニコ:http://ch.nicovideo.jp/juf25sui

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«2018 中村宏治のちょっと底まで 006